2009年12月03日

<マンションライフの裏側…管理組合役員>

分譲マンションは形こそ共同住宅ですが、個々のオーナーが同じ建物に集まった特異な形態です。お引渡しと同時に管理組合が結成され、オーナーは必ず管理組合員となります。

たまに管理組合を脱会したいと言われることもありますが、法律上できません。そこが町内会と違うところです。(町内会は任意)

管理組合にはマンションの規約にもよりますが、理事長、副理事長、理事、監事、会計等規模に応じて役員が選出されます。選出方法は組合によって違いますが、輪番制であったり、立候補を募ったり他いろいろです。

やはり、理事長は管理組合の代表者であり、管理者となりますので、責任はあります。ただ、管理会社に委託管理をされている組合の場合は管理会社があらゆる面で代行なり、サポートしますので、それほど重荷に感じることはないかと思います。

ただ、管理会社まかせではなく、理事長として組合としての方向性をしっかり見据えることが良い管理組合の運営につながっていきます。

管理会社についてはまた次回に…。
posted by starcastle at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■マンションライフの裏側 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

<マンションライフの裏側…ペットトラブル編>

<マンションライフの裏側…ペットトラブル編>

マンションは区分所有者が集まった集合住宅です。いろいろな人が住んでいますので、マンションにもよりますが、トラブルも発生します。

特にペット飼育可能なマンションでは、ペット飼育派とペット嫌い派が分かれる事もしばしば…。
例えば、エレベーター内でペットが糞尿をして、そのままだったり、エレベーター内で抱きかかえせず、そのまま犬が乗っていたりすると大変です。最初の頃は、気をつけてはいても、いつの間にか、おざなりになってしまう。

こういったマンションでは、管理組合の下部組織でペット委員会を有志で立ち上げ、ペット飼育細則を厳格にする(飼育頭数を制限、ペットの大きさを制限、罰則を定める等…全て総会の決議を経て)こともあります。

基本的には、管理会社とよく相談して、何らかの対応をお願いするのがよいでしょう。
posted by starcastle at 00:00| Comment(0) | ■マンションライフの裏側 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

<マンションライフの裏側…高層階に住む>

<マンションライフの裏側…高層階に住む>

○高層階(10階〜)に住む

【メリット例】
・価格は高いが、眺望が最高
・下の階より暖気があがってくるので、意外と冬でも暖かい
・風通しがよく、夏でも涼しい
・地上の騒々しさを感じない

【デメリット例】
・時には風が強すぎて、窓が開けられない
・洗濯物が飛ばされる
・スズメバチが習性で徘徊することがある
・ハトが巣作りをすることがある(〜10階)
・エレベーターの保守点検停止時に昇降がとてつもなく大変
・ごみ出しが面倒

相対的には、移動のわずらわしさを感じなければ、眺望が癒してくれる?夏冬共にエアコンが不要なんて方もみえます。
posted by starcastle at 00:00| Comment(0) | ■マンションライフの裏側 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。