2009年11月08日

<C無理にローンを通そうとしていないか>

<C無理にローンを通そうとしていないか>

Bの「自分が住むぐらいの気持ちで接してくれるか」は各項目共通内容ですので、ローンに関してに進みたいと思います。

住宅ローンですが、まずはこれがクリアにならないと買いたくても買えません。でも要注意です。

自己資金に余裕がある方、親からの援助がある方は別として、物件の購入金額にもよりますが、年収も500万円以上はないと厳しいでしょう。
また、年収が多くても、債務があれば、その分減額されます。特に、消費者金融系のローンは借り入れがなくても会員のままだったりすると、履歴として残るようで、銀行でチェックされます。

一時的でも、債務を消さない限り、審査は通らないと思っておいたほうが良いと思います。

営業マンは銀行(保証会社)によって審査基準が違うため、あらゆる手段を使ってローン審査が通るように調整します。でも…


ここで、よく考えてほしいのですが、マンションを購入したら、今までにない費用が発生します。

 ○住宅ローン

 ○管理費、修繕積立金

 ○駐車場使用料他専用使用により発生する料金


入居後のシミュレーションはできていますか?今の給料・年収でまかなえますか?

住宅ローンは2ヶ月連続で入金がないと、銀行が押さえてしまう可能性が高いです。管理費・修繕積立金も法的に支払い義務があります。駐車場は使用料未払い3ヶ月〜で解約となる可能性があります。

目先のことだけではなく、家族でじっくりと住んでからのことを考えましょう!
posted by starcastle at 00:00| Comment(0) | ■営業マンへ質問攻め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

<Aマンションの長期修繕計画をある程度把握しているか>

<Aマンションの長期修繕計画をある程度把握しているか>

意外と長期修繕計画書のことが会話に出ることがないように思いますが、この先10年、20年の将来のことを考えると大切です。
管理組合の運営は居住者(オーナー)からの管理費でまかないます。予算を立て、余剰金が出れば、修繕積立金に繰り入れますし、逆に、設備の故障で管理費からまかなえない時は、修繕積立金を取り崩して充当します。

管理費は赤字にならないような設定がしてありますが、修繕積立金については、30年間の長期修繕計画に基づいて算出されますので、将来不足することがあります。

不足するとどうなるかと言いますと、総会の決議を経てからになりますが、毎月の終戦積立金が突然2倍になるなんてことも…。

確かに将来何が壊れるかなんてわかりませんが、一番危険なのは、機械式駐車場です。狭い敷地に上下2〜3段の機械式駐車場がたくさんあるマンションをよく見かけますが、メーカーの推奨では、30年後には全交換です。
1機あたり、(パレットにして6〜9台分)1千万円はします。

ですので、次のようなマンションは要注意です。

○機械式駐車場が多いのに、修繕積立金が同レベルのマンションに比べ、安い。

○機械式駐車場があり、入居戸数が少ない(30戸未満)のに、修繕積立金が安い。

posted by starcastle at 00:00| Comment(0) | ■営業マンへ質問攻め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

<@マンションの管理規約をある程度把握しているか>

<@マンションの管理規約をある程度把握しているか>

前回投稿の内容を項目別により具体的に説明したいと思います。

分譲マンションには国土交通省が定めた標準管理規約を基準にしたマンション独自の管理規約・使用細則があります。各マンションによってそれをカスタマイズして使用します。分譲時には既に作成されているはずですので、営業マンにはきちんと説明してもらいましょう。

当然、営業マンは説明するからには、ある程度把握しているはずです。していないようでしたら、要注意と思っていいでしょう。また、管理会社に確認することができるはずですので、どう対応するかもチェックしたほうがよいと思います。





posted by starcastle at 00:00| Comment(0) | ■営業マンへ質問攻め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。