2010年03月09日

住宅ローン難民C

つい先日、銀行から審査の結果について連絡がありました。
やはり、無職では、住宅ローンの条件変更は無理でした。
ただ、銀行さんも親身になってくれ、就職が決まったら、
再度審査しますので、連絡くださいとのこと。

審査基準は返済能力です。月々いくら返済できるかといった
ところを見ているので、早く就職しないとヤバイです。

住宅ローンの見直しをお考えの方は、とにかくいち早く
相談するに限ります。
posted by starcastle at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ■住宅ローン検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

住宅ローン難民B

前回、銀行に住宅ローンの支払いについて相談に行ってから2週間ほどで、銀行より連絡がありました。

実は現在、無職で失業保険で何とかやり繰りしている状況だけに、失業保険の支給日額と支給期間、嫁のパート月収を聞かれました。

また、住宅ローン以外の債務についても尋ねられました。要は住宅ローンの支払いが今後も可能かどうか調べるようです。

状況は厳しい限りですが、早く再就職して次の第一歩を踏み出そうと思います。
posted by starcastle at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ■住宅ローン検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

<住宅ローン難民A>

今年、日本ではあちこちでこのフレーズが聞こえてきそうです。
前回の続きですが、私も給料(特にボーナス)が減ってしまい、
支払いが厳しいため、住宅ローンを組んでいる都市銀行に相談
に行ってきました。

銀行によって対応は違うと思いますので、あくまで参考程度に
とらえていただきたいのですが、今後の支払いについての提案
がありました。

@ローンの支払い期間を最長(35年)まで延長できる

A最高2年間まで、利息だけの支払いができる

といったものです。

@については月々の支払額が多少減ります。ただし、35年間
 払い続けることで総支払額はかなり増えます。

Aについては毎月の支払い額が半分から1/3ほどになりますが、
 元金がその期間全く減らないため、通常の支払いに戻した時
 に月々の返済額はアップします。

@とAを組み合わせることもできます。最後の手段ですね。
ここまで来ると…。
ちなみに必ず可能なわけではなく、いわゆる審査があります。
勤務状況、年収等ローン組む時と同じです。

以上が相談して得られた回答です。

審査にも時間を要するため、相談に行ってから、実際に返済条件
の変更まで早くても2〜3ヶ月はかかりそうです。
既に返済が滞ってしまった方は間に合いませんので、持ち家を
どうしても手放したくないという方は早めに相談したほうがよい
でしょう。


posted by starcastle at 21:02| Comment(1) | TrackBack(0) | ■住宅ローン検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。